KrowNews



神田沙也加さん急逝 残りの全公演のイライザ役は朝夏まなと 25日山形公演から再開

エンタメ
20211222001024e51.jpg

ミュージカル「マイ・フェア・レディ」は、主演を務める予定だった歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)が18日に札幌市内のホテルから転落して急死したことで、19日と20日の公演が中止されていた。

制作元の東宝株式会社は21日に公式サイトで「神田沙也加さんは12月18日(土)に急逝されました。ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。12月25日(土)から明年1月28日(金)にかけての山形・静岡・愛知・大阪・福岡公演につきましては、各主催者との協議のうえ、イライザ役・ヒギンズ役・フレディ役の3役を、朝夏まなと・別所哲也・寺西拓人の「チームA」にて、全公演を務めさせて戴くことといたしました。

神田沙也加・寺脇康文・前山剛久の「チーム K」の公演を楽しみにされていたお客様におかれましては大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。何卒ご了承いただけますと幸いに存じます。広く日本のエンタテインメント界に多大な功績を残された神田沙也加さんに敬意を表し、心からの哀悼の意を捧げます」と発表。

これを受けて朝夏まなと(37)は「いつもインタビューで一番好きなミュージカルは『マイ・フェア・レディ』と言っていたさぁちゃん。(神田沙也加さんをこう呼んでおりました)私の宝塚退団後の初ミュージカルが本作品で、さぁちゃんからたくさんのことを教えてもらったり、他愛もない話をしたり、すぐに打ち解けて仲良くなりました。

生き生きとイライザを演じるさぁちゃんが眩しくて、歌声も大好きでした。今、思い浮かぶのはさぁちゃんの笑顔です。日本で初めて上演された歴史あるミュージカル『マイ・フェア・レディ』。上演か中止か、どちらの決断が下されてもきっと様々な方々のお気持ちが複雑に交錯することもあるかと思います。けれどこの作品を愛する皆さまの気持ちも一緒にすべてのカンパニーキャスト、スタッフが一丸となり「マイ・フェア・レディ」を続けていくこと、この作品を全国の皆さまにお届けしたい・・・・それがみんなの願いです。カンパニーを代表しまして、心よりご来場をお待ち申し上げます。 朝夏まなと」と胸の内を明かした。

神田さんは18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見された。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。

北海道警によると、死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。これまでのところ遺書は見つかっていない。沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては「コロナの影響で全開可能」「15センチしか開かない」と情報錯綜している。

神田さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用していた。衝動的に服用してしまうこともあったようで、警察も胃の内容物の確認を進めている。複数の愛犬のうちの実家で飼っていた1匹が最近この世を去ってことでもショックは受けていたとみられる。主演ミュージカルの「マイ・フェア・レディ」で共演する男性との恋の行方に悩んでいたという報道もある。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.