KrowNews



木下優樹菜、生配信中止の謝罪で「激辛ペヤング」を食べ涙 スタッフが審査申請を失念

エンタメ
2021121218532604d.jpeg

元タレントの木下優樹菜(34)が10日深夜に予定していた生配信を急きょ中止したことを涙を、浮かべながら謝罪した。木下は11日に自身のYouTubeを更新し「諸事情により本日の生配信は中止致します」というタイトルの「2種類の激辛ペヤングを食べる」動画を投稿。

中止となった原因は今回の動画に一緒に出演しているスタッフが、生配信に必要となる審査申請を忘れていたからだと説明。「普通に頑張って一生懸命仕事して生きてたら、ミスぐらいするって。ミスした人って強くない? 失敗した人って次からこうしようああしようって学べるじゃん」と励ます一方で「おまえ、どの口がいってんのって感じだけど」と自虐した。

木下は、責任を取るために『ペヤング激辛やきそば』を食べるが、辛さをものともしない木下にスタッフが今度は激辛度のアップした『ペヤングやきそば獄激辛』を用意。これも余裕で食べている…と思いきや、少し経つと「無理……これ、洒落になんない……。気ぃ狂いそう……てか、これまじでやばいよ。これ痛い待って無理!」と限界を超えた様子。最後には周囲も協力し、なんとか完食に成功した。生配信については改めて17日に行うとしている。(KrowNews)

木下優樹菜の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.