KrowNews



木下優樹菜の『木下組』が1年持たずに丸の内から撤退 3億円請求される裁判で金欠か

エンタメ
20211212185007c16.jpg

元タレントの木下優樹菜(34)が昨年12月に設立した自身の個人会社である『木下組』を東京・丸の内の30階建ての超高層ハイグレードオフィスビルから撤退させていたことがわかった。

10日の『東京スポーツ』は「木下さんは10月、個人会社を都内の別エリアに移転させました。そこではレンタルオフィスに間借りしているのではといわれています。木下さんは3億円を請求される『美容フェイスマスク裁判』を抱え、金欠が指摘されています」と報道している。(KrowNews)

木下優樹菜の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.