KrowNews



新庄監督、新球場での仰天プラン「ベンチの3メートル上に俺の椅子作ってサイン出す」

スポーツ
202112102357374ff.jpeg

「ビッグボス」日本ハムの新庄剛志監督(49)が2023年に北海道北広島市に完成予定の新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」での仰天プランを明かした。

新庄監督は9日にフジテレビ系『アウト×デラックス』に出演。この新球場について「監督記者会見の午前中に見に行ったんですけど、半端ない。球場の作りがもう世界一。だから、日ハムの選手がある程度、うまいこと活躍してくれて、僕がワーッて暴れて、世界一のチームになる可能性は大」と熱弁。

続けてベンチに「ビッグボスゾーン」を作りたいというプランを語り「新球場にはオーダー出したの。ベンチがあって、3メートル上に俺の椅子を作ってくれって。こんな高い位置からサインを出す」と笑顔で話した。(KrowNews)

新庄剛志の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.