KrowNews



新庄監督、現役時代のぶっ飛んだ捕球法を明かす「関節をパコって抜いてボール捕って」

スポーツ
20211208110327da9_20211213103113b6f.jpeg

「ビッグボス」日本ハムの新庄剛志監督(49)が現役時代にやっていたという驚きの捕球方法を明かした。新庄監督は6日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』に出演。抜群の身体能力と本能でプレーしていた印象の強い新庄監督だが「野球知ってないと十何年間プロでレギュラー張れない。野球わかってるけど、僕の考えをプロ野球選手に言ってもわかってもらえない。レベルが僕の方が2つ3つ上だから」と説明。

新庄監督は続けて「(守備中に打球が)捕れるか捕れないかでワーっと走って、ダイビングする。で、あと3センチ足りないってなったら、冗談じゃなく左肩の関節をパコって抜いて、ボール捕ってから(関節を)ハメてたんですよ」と衝撃的なプレーをしていたことを告白。

スタジオは「嘘でしょ?本当に?他の選手じゃ無理でしょ」と驚きの声を上げて、新庄監督は「ほんと。他の選手には無理だからこういうことは教えない」と話した。(KrowNews)

新庄剛志の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.