KrowNews



片瀬那奈「何でもいいから女優業をやりたい!」と営業も…大きかった『研音』の後ろ盾

エンタメ
202112010841328b9_20211213111921639.jpeg

女優の片瀬那奈(40)が9月まで所属していた芸能事務所『研音』と言う看板を失って、苦労しているようだ。片瀬は7月には、同棲相手がコカイン所持で逮捕。自身も家宅捜索や尿検査を受けたが、事務所には『受けていない』と虚偽報告。これで信頼関係が破綻し、事実上のクビになったとされている。

水面化では女優復帰への準備を進めているというが、実際に親しかった人に「深夜でも、ネット系でも、小さい映画でも何でもいいから女優業をやりたいんだけど…」と営業をかけても、今のところ良い返事は聞けていないという。

片瀬の周囲では親友の元女優・沢尻エリカ(35)も麻薬取締法違反容疑で逮捕。テレビ局は起用に及び腰になっている。それでも今年の9月まで放送されていたフジテレビ系ドラマ『彼女はキレイだった』など、話題作に出演できていたのは『研音』の後ろ盾があったから。失って初めて、これの大きなに気づくかもしれない。(KrowNews)

片瀬那奈の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.