KrowNews



大河『どうする家康』 信長は岡田准一! ムロツヨシや有村架純に野村萬斎や阿部寛も

エンタメ
2021113008425120e_2021121311221204d.png

2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の新キャストが29日に発表された。主役の徳川家康役は嵐の松本潤(38)が演じると今年1月に発表されていた。今回は俳優の岡田准一(41)が織田信長役、女優の有村架純(28)が家康の正室・瀬名役、俳優のムロツヨシ(45)が豊臣秀吉役、狂言師の野村萬斎(55)が今川義元役、俳優の阿部寛(57)が武田信玄役で出演する。

岡田は主演を務めた14年『軍師官兵衛』以来、9年ぶりの大河で「大河ドラマには深い思い入れがあります。織田信長という圧倒的イメージがある人物にチャレンジできるというのは、怖さも楽しみも両方ありますね」とコメント。

有村は大河初出演。17年前期の朝ドラ『ひよっこ』のヒロインを務めたことから「ちょうど朝ドラのスタジオが大河ドラマのスタジオと隣同士。大河に出演されている方たちとの交流はなかったですが、一緒に頑張って乗り越えているという感覚。憧れもあったので、出演が決まった時は凄くうれしかったです」と語った。(KrowNews)

どうする家康の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.