KrowNews



イチロー氏、2校目となる国学院久我山高で指導!部員からの「直訴」の手紙がきっかけ

スポーツ
20211130082620bb9_20211213112525ea7.jpeg

米大リーグ・マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)が29日に国学院久我山高で、昨年12月の智弁和歌山高以来となるアマチュア指導を行なった。きっかけは同校の野球部員だった田村優樹さん(3年)が昨年、イチロー氏と知り合ったこと。

その後、同級生全員で「野球がうまくなりたい、強くなりたい、そのためにも来てほしい」という思いを込めた手紙を送った。

イチロー氏は「田村君とたまたま会って、手紙をいただきました。(今秋の)東京大会で優勝したから来たわけではないので。すごい気持ちのつたわる手紙。(自宅で)大切なものが入っている引き出しに大切に保管している。

これを見るだけで文武両道が分かる。文武両道に僕はすごく憧れていた。高校は完全に野球一本を選んだので。一緒に練習しましょう。そんなスタンスです」と語りかけた。今後は年内に2校を訪問予定で「チームの強い、弱いにかかわらず、野球への純粋な情熱に向き合って行く」という。(KrowNews)

イチローの画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.