KrowNews



橋下氏が文通費「明細付きカード化」で追及!牧島かれん大臣は困ったように笑い答えず

国内
20211129081204869_20211213131326f30.jpeg

弁護士の橋下徹氏(52)が「国会議員が使途明示義務がなく、領収書なしで使える月額100万円の文書通信交通滞在費」を、明細が出るキャッシュレスの「文通費カード」化すべきだと牧島かれん・デジタル相(45)に対し、語気を強めて語った。

橋下氏は28日にフジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』に出演し「国会が非生産的、非デジタルの象徴。いま話題の文通費、あんなのキャッシュレスにしたらいいじゃないですか。文通費専用のカードとか、政治資金専用のカードにして。全部明細出るんですから。なんでそれくらい国会議員できないんですか。領収書つけずに自由に使いたいのか分からないけど」と発言。

橋下氏は牧島大臣に「マイナンバーカードを国民にやれやれ言うんだったら、国会議員に文通費カード、あっという間じゃないですか。なんでそれくらいデジタル庁で旗振れないんですか」と強い口調で問いかけ、牧島大臣は「一案だとは思います。国会のことは国会でということになると思いますけど、ひとつの考え方」と回答。

橋下氏はこれに噛みつき「考えじゃなくて、方針に入れてください。やりましょう」と提案したが、牧島大臣は苦笑いして困っているようで、これには答えなかった。(KrowNews)

橋下徹の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.