KrowNews



田中聖、朝倉未来1000万円企画「欠場」の真相告白「11日にはABEMAに相談」

2021/11/26 19:37
エンタメ
田中聖

アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーの田中聖(36)が20日に行われたABEMA「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」を欠場した理由について明かした。

田中は25日に自身のYouTubeチャンネルを更新。動画の冒頭で「たくさんの方にご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」と謝罪し「仮病で欠場したのでは?」という疑惑について「頸部捻挫 右第9肋骨骨折 令和3年11月10日」と書かれた診断書を示した。

田中は「もともとこの企画は10月30日にやるということで進んでいたのですが、未来選手がケガをしたこともあり、11月20日に延期になりました。僕ら素人の挑戦者にとって、0.1パーセントでも確率を上げるためのチャンスだと思い、練習のピッチも上げて、その過程で11月7日に骨折をしてしまいました」と説明。

「この時点でドクターストップはかかっていたのですが、僕自身もプロである朝倉選手と対峙するのは失礼かと思い、11月11日にABEMAの方に相談はしておりました。その話し合いの中で、ギリギリまで調整した結果、骨折が悪化してしまい、当日発表になってしまいました」と続けた。

ダブルブッキングについては「もともと11月20日にライブは入っておりました。ABEMAさんから11月20日の打診を受けたときに『ライブはあるから難しい』という話はしたんですけど、それ以上後にずらすのは難しいということになりました」と説明。

「ライブハウス側とも話を付けて、本来なら物販をするところなんですが、それもせずに会場を飛び出して向かうという話になっていました。だからダブルブッキングではなく、仕事を終えてから向かうかたちだったことをご理解ください」と釈明した。

朝倉については「時期を見て、謝罪をさせていただこうと思います。許されるのであれば、何らかのかたちでまた挑戦させていただきたいということも、お話できればと思います」と再挑戦する意欲を示した。

自身への誹謗中傷に関しては「『死ね』とか『殺す』という言葉であったり、仲間や家族に関する誹謗中傷も見受けられました。そこに関しては、弁護士に相談して法的手段を取らせていただきます。ご了承ください」と警告した。(KrowNews)

田中聖の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.