KrowNews



大谷翔平に対し「下手な日本語で失礼シマシタ」 粋な進行した米キャスターに称賛続々

2021年11月19日
スポーツ

エンゼルスの大谷翔平投手(27)が日本時間の19日に「満票」で「ア・リーグMVP」(最優秀選手)を受賞した。日本選手では2001年のイチロー氏(48)以来となる、20年ぶり2人目の快挙。満票での選出は同リーグだと14年のマイク・トラウト(30)以来7年ぶり11人目で、リーグ全体では15年のブライス・ハーパー(29)以来となる。

そんな大谷に関する粋なエピソードを1つ紹介したい。先月に米大リーグ機構から7年ぶりの「コミッショナー特別表彰」を受賞した際、米放送局『MLBネットワーク』のスティーブン・ネルソン氏が「日本のメディアの皆さん、コンバンワ。次は大谷選手に、特別な発表がございます」と日本語でアナウンスをしたのだ。進行を務めたロブ・マンフレッド氏(63)は最後に「下手な日本語で、失礼シマシタ」と締め、大谷も時折、笑顔を浮かべていた。

ネルソン氏は、後に自身のTwitterで「ショウヘイにとっての特別な夜なので、彼と日本のメディアを歓迎したかったんです」とつづっている。いかに大谷がリスペクトされているかがわかる瞬間だった。

前人未到の「二刀流」を成功させた大谷は今シーズン、打者として155試合に出場、打率2割5分7厘、46本塁打(リーグ3位)、100打点、26盗塁。投手としては、130イニングを投げ9勝2敗、防御率3.18、奪三振156を記録した。

すでに、選手間投票による「年間最優秀選手」と「ア・リーグ最優秀野手」や7年ぶりの選出となった「コミッショナー表彰」を受賞。打撃のベストナインに相当する「シルバースラッガー賞」のア・リーグDH部門にも選ばれた。(KrowNews)

大谷翔平の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

大谷翔平、年俸50億の5年総額274億円契約か…今季は9勝2敗、46本塁打の偉業

大谷翔平と狩野舞子「熱愛説」飛び交う 狩野は匂わせ連発…大谷「野球に集中したい」

大谷翔平、FAなら最低でも「320億円」契約へ!今季は9勝2敗、46本塁打の偉業

大谷翔平、エ軍退団希望?の「勝ちたい」発言の意味は…「ファンも球団も好きだが…」

大谷翔平、結婚は「まだまだ先」と苦笑い 狩野舞子と熱愛説や…狩野の匂わせ連発説も



Comment(0)

There are no comments yet.