KrowNews



井川意高氏、松本人志と女性の乱痴気飲み会〝馬乗り写真〟に「オレもして欲しい!!」

2024/01/28 01:06
エンタメ
井川意高氏、松本人志と女性らの乱痴気飲み会〝馬乗り写真〟に「オレもして欲しい!」

大王製紙株式会社元代表取締役会長の井川意高氏(59)が25日、自身のXを更新し、同日の『FRIDAY』が報じた、お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(60)の乱痴気飲み会〝馬乗り写真〟についてコメントした。

井川氏は「これは許す!オレもして欲しい!」と羨んだ。松本は8日、所属する吉本興業を通じて、活動休止することを発表した。この写真については、合成されたものであるとの見方も寄せられている。

昨年12月26日の『週刊文春』は高級ホテル「グランドアハット東京」における松本の性加害疑惑を報じたが、12月27日には吉本側がこれを完全否定し「法的措置を検討していく予定」と発表した。

8日の発表によると、松本の活動休止は「様々な記事と対峙して、裁判に注力したい旨の申入れがあった」からだといい、吉本は、松本の性加害について「当該事実は一切ない」との認識は変わらないとした。

松本は8日、自身のXで「事実無根なので闘いまーす。それも含めワイドナショー出まーす」と投稿。

9日には「ワイドナショー出演は休業前のファンの皆さん(いないかもしれんが)へのご挨拶のため。顔見せ程度ですよ」とつぶやき、フジテレビは14日の放送で松本が出演することを認めていたが、10日になって急遽出演はしないことになったと報じられた。

フジテレビと吉本の協議して出演中止が決定したとされている。一方の『週刊文春』は9日には、再び〝文春砲〟を発射。「グランドハイアット福岡」「ザ・リッツ・カールトン大阪」での松本へのSEX上納システムについて報じた。

『週刊文春』は松本に関する報道について「十分に自信を持っています」とのコメントを繰り返し出している。

松本は22日、個人で『週刊文春』の発行元の株式会社文藝春秋に対し、名誉毀損による損害賠償約5億5000万円と謝罪広告の掲載などを求め、東京地裁に提訴した。

ネット上には松本が〝文春砲〟を被弾した理由について、2022年5月29日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で、使途不明の国の「コロナ予備費」約11兆円について批判したことが原因だとする陰謀論が拡散されている。

松本は同番組で「コロナワクチンを海外からいっぱい買って、でも、どれくらい打ったか、どれくらい賞味期限が切れたか分からんまま、破棄すると。どれくらい廃棄して、どうしたか調べもしないし公表もしないっていうニュースがあったんですよ」と言及。

「僕、これのほうがよっぽどエゲつない、国民の税金をなんだと思ってるか。何兆円か、それ以上のお金がうやむやになってるわけですよ」と批判した。

松本は「でも全然それやらないで、ずっとこの4000万ナンボのにーちゃんの話(山口・阿武町の4630万円誤送金問題)をやってるわけですよ。僕はそっちのほうの怒りがでかくて。こっちの怒りがあまり足りてない」とも話していた。

X上では「松本人志さんも政府に都合が悪いことを言って芸能界から追放」などのコメントが寄せられている。

総合博打サロンの新宿租界のZ李氏は10日、自身のXを更新し「松ちゃんはコロナ予備費のうち約11兆円が使途不明になっている件を批判したおかげで支配者層の怒りを買ってこうなったって陰謀論まだ出てない?」と投稿した。(KrowNews)

Comment(0)

There are no comments yet.