KrowNews



元アイドリング!!!・エイベックスの遠藤舞さんが権力者から性加害受けていたと告白

2024/01/18 00:48
エンタメ
元アイドリング!!!・エイベックスの遠藤舞さん、権力者から「性加害」受けたと告白

元アイドリング!!!のメンバーでリーダーも務め、卒業後はエイベックスでソロシンガーとして活動していたボイストレーナの遠藤舞さん(35)が16日、自身のXを更新し、過去に「権力者」から性加害を受けていたことを明かした。

遠藤さんは、被害に遭った時期はアイドリング!!!を卒業した後だとしている。遠藤さんは「性的な被害に遭った経験があるならなぜその時に声を上げなかった?との声があるので私の体験を書きます」と投稿。

「当時私が信用していた人たちとの打ち上げに呼ばれてもちろん疑うことなく参加しました。帰り際、幹事の男性たちが、べろべろに酔っ払った1番権力がある人が乗るタクシーに私を押し込みました」とつづった。

遠藤さんは続けて「まだその時点で、その場にいる人全員見知った中という事もあり暴力的に抵抗してまで乗車を拒否する事ができずタクシーに乗ってしまいました。車中で身体をまさぐられ『どれだけオレがお前を好きか』など言われました」と説明。

「家まで送ると言われましたが、すぐに私だけ降りますといい下車しました。ショックで泣きながら当時の交際相手に電話をしましたが逆に隙を見せたお前が悪いなどと私が叱られてしまい『あぁ、声って届かないんだ』と絶望しました」と振り返った。

遠藤さんは他にも「告発してことを大きくしようとすればできたかもしれませんが、もう加害者の事を思い出したくもないため、当時のマネージャーさんに事実を話し今後仕事で関わる事がないようにだけしてもらい、その人のことは懸命に記憶から消そうとしました」と説明。

「私は強制性交されたりはしておりませんが、性的に嫌な目に遭った後は身体を洗いたくなり長い時間暑いシャワーを浴びて血が出そうなほど身体を洗いました」と伝えた。

遠藤さんは他にも「レイプ被害にあったら証拠を残すためにすぐに警察にかけこめとはよく言われることですが、ショック状態で冷静な判断をし気持ちが悪い身体をそのままにしておける強い女性ってどれくらいいるのでしょうか」と投稿。

「私が被害にあった頃はまだそのような告発が今ほどありませんでしたが、昨今の流れでここまで話せるようになった気がします」と記した。

遠藤さんは他にも「たった1人の声では権力や圧力に潰されてしまうのが分かりきっていましたが(私の知人で告発をしたらなぜか告発した側が事務所を辞めさせられてしまった事例もありました)」と説明。

「赤信号、みんなで渡れば怖くないとはよく言ったもので、同じく告発をした人の背中を見て勇気をもらい今ようやく声をあげられたという人もいるのではと思っております」とつぶやいた。

遠藤さんは最後に「なぜ今??後出しジャンケンずるい等言われますが、なかなか性的に嫌な思いをした人じゃないと気持ちは理解できないよねと思い私の経験と気持ちを書きました。あくまで一つの意見としてですが参考になりましたら幸いです」と伝えた。(KrowNews)

Comment(0)

There are no comments yet.