KrowNews



大谷翔平「僕の全盛期は小6くらいのとき。あの時期の僕が一番に無双していたので…」

2021/11/18 19:58
スポーツ
大谷翔平

エンゼルスの大谷翔平投手(27)がこれまでの野球人生の中で「完璧だったピッチング」について明かした。

大谷は『Number Web』のインタビューで「これまで、そういう完璧な、美しいピッチングができた記憶はありますか」という質問に「美しいピッチング…今のところの僕の全盛期は小学校6年生、中学校1年生くらいのときだったので(笑)。できていたとしたらその頃かなぁ。あの時期の僕が一番、無双してましたからね」と語った。

大谷は今季、選手間投票による「年間最優秀選手」と「ア・リーグ最優秀野手」や7年ぶりの選出となった「コミッショナー表彰」を受賞。打撃のベストナインに相当する「シルバースラッガー賞」のア・リーグDH部門にも選ばれた。大谷は、日本時間19日に発表される「ア・リーグMVP」の最有力候補にも挙げられている。

打者として155試合に出場、打率2割5分7厘、46本塁打(リーグ3位)、100打点、26盗塁。投手としては、130イニングを投げ9勝2敗、防御率3.18、奪三振156という前人未到の二刀流を成功させた。(KrowNews)

大谷翔平の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.