KrowNews



Z李氏、トラブルのハメ撮り師を捕まえ説教 「私人逮捕」批判に反論 AV新法の弊害

2023/12/14 03:46
国内
Z李氏、トラブルのハメ撮り師を捕まえ説教 「私人逮捕」批判に反論 AV新法の弊害

総合博打サロンの新宿租界のZ李氏は12日に自身のXを更新し、同人AVをめぐりトラブルを起こしていた「ハメ撮り師」を捕まえて、説教をしたことを明かした。

Z李氏は「昨日同人AVのトラブルで人気ハメ撮り師を捕まえた。でもやばいのが、プラットフォームのマイファンズが削除申請しても二ヶ月は消してくれないんだよな。契約書もないし、あっても偽造サインだし、バリバリのAV新法違反」と言及。

「そもそもAV新法なんか関係なく同意なく動画売られてるのは犯罪だし、金ももらえない事例が多発している」とつづり、ハメ撮り師とみられる男性を詰問している様子の動画の投稿した。

Z李氏は他にも「消してって言っても、ハメ撮り師はマイファンズから金が来るまでどうのこうの、マイファンズは二ヶ月待て、そんな事を言ってる間にコピーがいろんなサイトに出回って一生消えない生中出しデジタルタトゥーが完成」と説明。

「たくさん売れたらプラスアルファで歩合があるなんて言ってバックレパターンも多発してるしかなりやばい」とコメントした。

Z李氏は他にも「なんか、同人AVのプラットフォーム側から連絡が来て『AV新法については弁護士確認を取っているが、現在の法律では、出演者のIDチェックまでは義務付けられていません』って言ってるけど本当にそんな事ある?」と言及。

「年確はアップロード者がしていればセーフって法律なのかな。なんだこのザル法律は」と苦言を呈した。

Z李氏は13日には「ちょっと違法ハメ撮りのやつ捕まえて説教して動画消させただけで私人逮捕だとか言ってくるやつなんなんだ?」と投稿。

「なんでも私人逮捕だって言えばいいと思ってんのかな。人に助けを求められた時に、民間人だから警察に電話する以外何もするなみたいなやつ増えたよな。動画消せって言ってやる事の何が悪い」とつぶやいた。

Z李氏は「裏垢ハメ撮り界隈に、身分証も提出せず撮影されて金ももらえてない子や、モザイクの約束をしたのに無修正や激薄モザイクで身バレして学校やめた子、警察に行くと言ったらガチ脅迫された子とかすごい数の相談がくる」とも明かしている。(KrowNews)

Comment(0)

There are no comments yet.