KrowNews



ドワンゴ・川上量生氏「FC2は潰そうとした。ビジネスだし当たり前」 高橋理洋氏に

2022/08/14 22:35
エンタメ
川上量生氏

ドワンゴ社創業者で顧問の川上量生氏(53)が14日に自身のTwitterを更新し、コメント表示機能をめぐり特許侵害で裁判で争ってるFC2社の創業者の高橋理洋氏(48)に対して反応した。

7月20日には、2018年の地裁判決が覆り、知財高裁がFC2社による特許侵害を認める判決を出した。

川上氏は「ブロッキングが持論なのはその通りです。FC2を潰そうとしたのもその通り。でもビジネスなんだから当たり前ですよね?しかもその時のFC2は勢いがあって、むしろトラフィックはニコ動を上回る巨大なライバルでした。決して弱い中小企業なんかじゃなかった」と投稿。

「僕はすごい権力なんか持っていません。それは幻想です。特に今はそうです。特許は特許侵害については認められて当然の裁判です。一審で負けたのは、属地主義への判断をさせたいという僕らの目的を回避するためだろうと言うのが僕らの見解です」とつづった。

川上氏は7日のブログでは高橋氏から「警察に働きかけて、高橋氏が日本に帰国しても逮捕されないようにしてほしい」ということを和解の条件として提示され、これを拒否したことを明かしている。

高橋氏と親交のある元アパレル会社社長や参院議員で、暴露系YouTuberのガーシーこと東谷義和氏(50)も、この騒動について言及している。

東谷氏は「ドワンゴ(創業者)の川上(量生)さんから、高橋さんに連絡があって。その次の日から(ドワンゴ社の元取締役の)ひろゆきが、俺のことを攻撃してくるっていうね。急激にツイートの言葉が過激になってね」説明。

「別にいいんですよ、人のことを詐欺師呼ばわりしようが、逃亡者って呼ぼうが。でも、お前もフランスに逃げて、同じ穴のムジナやろとは思ってるから。あまり人のこと言わんほうがええで、とは思うんですよ」と語った。(KrowNews)

東谷義和の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.