KrowNews



あびる優「娘は才賀紀左衛門に違法に連れ去られて…口の端が膿んで、腫れていた状態」

2022/07/20 14:30
エンタメ
あびる優

タレントのあびる優(36)が元夫で格闘家の才賀紀左衛門(33)との間に生まれた娘について「違法な『連れ去り』状態にある」と20日の『週刊文春』で告発した。

あびるは2014年9月に才賀との結婚を発表し、15年5月には才賀との間に第1子となる女児が誕生したが、19年12月に離婚を発表した。娘の親権は才賀が持つと公表していた。

ただ、あびるは20日の『週刊文春』で「話がまとまっていない段階で一方的離婚届を出された」と主張し、離婚後に娘と面会した際には「(娘は)口角炎で口の端が膿んで紫色に腫れていた」などと説明。

21年2月には東京家裁が娘をあびるに引き渡すことを命じる決定を下したが、強制執行の際には娘が泣き出して、執行不能となってしまったという。

一方で、才賀は20年12月10日の『AERAdot.』では「そもそも離婚したときには、私が親権を持つことに彼女は同意していたんです。なぜ突如として不服を申し立ててきたのか、その真意はわかりません」と説明。

「離婚の原因にもなった彼女の『酒癖』です。離婚する前、彼女が泥酔して夜遅くに帰ってきたり、寝ている娘を起こしたりすることがありました。そんな母親の姿を二度と娘にみせたくないんです」と苦言を呈している。

あびるは14年9月14日のTBS系『アッコにおまかせ!』の放送中に「近日中に結婚することになりました。ちょっと変わった名字と変わった名前(の夫婦)の結婚になります」と電撃報告。

「まだ家族の半分にしか言っていなかったんです。突然の報告になりますが、和田アキ子さんに昨日報告したら今日発表しようということになりました」と話していた。あびるは10年10月には元F1ドライバーの小林可夢偉(35)との交際が報じられたが、13年に破局していた。

才賀は6月1日に「以前からお付き合いしている彼女との間に新しい命を授かりました。安定期に入ったので報告させてもらいました。2人で話し合った結果『事実婚』という形をとる事にしました」と、フリーライターの阪田絵莉氏(32)との関係を公表した。

才賀はこの時「ホンマえぇ女捕まえたわ。ラッキー(笑)残り物には福があるで」ともつづっていたことから、一部では「残り物って言い方がほんのりカチンと来ます」「残り物だなんて失礼な!!(笑)」という指摘もあった。(KrowNews)

あびる優の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.