KrowNews



水溜りボンド・トミー「ブランドが潰れた」 緊急宣言下にコムドットらと31人飲み会

2022/07/19 13:43
エンタメ
水溜りボンド

YouTuberの水溜りボンドのトミー(28)が、2021年6月に報じられた「31人飲み会」騒動の影響について明かした。トミーは12日に個人チャンネルの「とみビデオ」に「ブランドを立ち上げて潰れました」というタイトルの動画を投稿した。

トミーのほか、コムドット、しばなんチャンネルのあやなん(29)、ヘラヘラ三銃士のさおりん(29)など、人気YouTuber計31名は、緊急事態宣言下だった21年6月18日の22時ごろに、トミーの経営する都内の飲食店で、泥酔カラオケを楽しんでいたことが報道。

この時、東京都からは休業要請が出され、休業しない場合もアルコールの提供は禁止、店の営業は20時までと制限されていた。

トミーと報道を受けて謝罪し、一時活動を自粛。泥酔カラオケの舞台になった飲食店も閉店になり、トミーは活動休止中もこの飲食店の従業員の再就職支援に奔走していたことを明かしている。

トミーは12日の動画で「自分のせいで起きた話なんですけども。多分過去最高にダサいと思います。ブランドを作って発表前に潰れました。2021年7月に発表しようかと。リリースしようかなと。全国に広めようかなと思ってたんですけど、一瞬で潰れました」と説明。

「白紙に戻ったって感じですね。痛くもかゆくもあって…。激痛です。まぁ、でもね。YouTubeを続けられるだけ、本当に有難い話なんですけど。あの時、僕は何もなくなっちゃったし、こういうことも言える環境ではなかったです、正直」と明かした。

トミーは他にも「なので、あの~在庫が残りました。日の目を見ぬまま終わってしまうのはちょっともったいないなというか。もしよかったら『こんなの作ってた時もありました』みたいなのを見て欲しい」と説明。

「ロンTが200枚あるので、本当に手に取ってもらいたいなっていう…。自分の力以上のことを背伸びしてカッコつけてやってただけなので。人の助けとか、人望とかお金とかが全てない僕がそれを進めることって、恥ずかしながら本当に何もできないっていう」と吐露した。

トミーは「本当に背伸びしてた雑魚というか。じゃあ今、これを言えたんだから、自分でバシバシ進めていけばいいじゃんっていうのができない時点で、僕の力の範囲を出てたものなんですよ。なので本当にすいません。本当に何かもう、違いました」とも話した。

トミーが立ち上げていたブランドは「つっこみどうぶつ」という名前で、公式HPやTwitterアカウントもすでに開設済だったという。(KrowNews)

水溜りボンドの画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.