KrowNews



シバター「ヒカルと芸能人参入を手助けしやがって…ラファエルのせいで数千万損した」

2022/07/12 04:54
エンタメ
ラファエル

YouTuberのシバター(36)が10日にヒカル(31)のチャンネルに投稿された「【悪友】酒飲んで暴言吐いて屋台ラーメン食べながら大爆笑した福岡の夜」というタイトルの動画に出演した。

シバターは「2人が芸能人(カジサックことお笑いコンビのキングコングの梶原雄太や、元お笑いコンビの雨上がり決死隊の宮迫博之など)がYouTubeに入ってくるのを手助けしなかったら、あと2年か3年は遅れたはずなんだよ」と発言。

「俺はこの2年か3年でどんどん収益が落ちている。俺はお金の面でラファエルのせいで数千万は損したと思ってるよ。ラファエルの再生数が減って、自分の首を絞めている」と話した。

YouTuberのラファエルは「僕は他のビジネスとかコンサルも引っ張って来ているから、トータルでは下がっていない」と反応。ヒカルは「YouTuberの社会的地位は上がったよね」と語った。

シバターは続けて「でもさ廃業していったYouTuberで『ヒカルとラファエルが入れたせいだ』と思ってるやつもいると思うよ」と推察。

ラファエルは「そいつらを僕は淘汰したかったんですよ」と説明。ヒカルも「はっきり言っていいですか?消えたそいつらがザコすぎただけです」と反応した。

シバターは「(元禁断ボーイズの)いっくん、聞いたか?お前のことだぞ、いっくん!」と発言。ヒカルは「名前はあげてへんやろ、別に、ははは(笑)」と反応した。

2015年から活動していたYouTuberの禁断ボーイズはヒカルやラファエルらとNextStageを結成し一世を風雨したが、VALU大炎上事件を経てNextStageは解散した(※NextStageはその後に別メンバーで再結成)。

禁断ボーイズは21年にはリーダーのいっくん(26)が脱退し、残ったメサイア(26)とモーリー(27)と田中(33)の3人に、お笑いコンビのノブナガとして活動していたたっつんこと岩永達彦(29)が加入し再始動した。

今年の3月7日にはオワコンボーイズに改名して、チャンネル登録者数を非公開にし「3カ月後までに登録者数200万人突破を達成できなければ解散する」と発表していた。

6月7日の生配信では「現在の登録者数は…179万8440人です!過去28日間で5700人減少してる。減ってます…解散!」と目標数にわずかに届かなかったことを明かし、解散を伝えた。

ヒカル、ラファエル、いっくんは17年にフィンテックサービスのVALUで、価値が上昇した自身の仮想株式(VA)を一気に売却。購入者が多くの含み損を抱える騒動が起き、大炎上していた。

なお、VALUは19年5月末に成立した改正資金決済法への対応が困難とのことから、20年3月にサービス終了した。(KrowNews)

ラファエルの画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.