KrowNews



ゆうこす「精神科に通うことは恥ずかしいことではない」発言を謝罪「申し訳ないです」

2022/07/08 11:35
エンタメ
ゆうこす

元HKT48でタレント、実業家のゆうこすこと菅本裕子(28)が5日に自身のTwitterを更新し「精神科に通う事は、全く恥ずかしい事じゃないよ!」と発言していたことを謝罪した。

菅本は「すみません。『精神科に通うことは恥ずかしいことじゃないよ』という言葉が多くの人を傷つけてしまったようです。エゴサで知りました。申し訳ないです」と投稿。

「私は2年ほど通って、やっと『暮らし』ができるようになったので動画にしたりツイートをしたのであって、ファッションで動画にするなんてありません」とつづった。

菅本は他にも「あと、動画のサムネイルをあえて微笑んでる写真にしたのは、流石に泣いたり暗い写真にするのはわざとらしいと思ったというのと、精神科の事を知ってもらいたく微笑みました」と説明。

「かかりつけの先生にもこの動画を褒めてもらっていたので、驚きましたがそういった意見もあるんだなと。反省しています」と記した。

菅本は他にも「『病気だとそもそも動画撮れないと思う』というのは、それは同感です。私も2年ほど撮れませんでした。そんな状況じゃなかったからです」と説明。

「でも今は薬も減量のフェーズで『暮らし』ができるようになったので動画にしたんです。多くの人に精神科という存在を知ってもらえたら。私の思いはそれのみです」と伝えた。

菅本は6月9日に「私は精神科に通い始めて2年ほど経つんだけど、本当に生きやすくなったし毎日が幸せでいっぱいです!けど、それをインスタのストーリーに書いたら「親に反対されて行けません」ってDMが多く来てびっくりしました…。精神科に通う事は、全く恥ずかしい事じゃないよ」と投稿。

菅本は他にも「元々、躁鬱、不安障害、パーソナリティー障害、、と複合的で。トイレやお風呂、ベットに1人で行けない、鍵が閉まってるか何度も何度も確認しちゃう」と吐露。

「何もしてなくても涙が出たり動けなくなったり、声出なくなったり、人にすぐブチ切れたり、、と本当にに生きづらかったけど、精神科が救ってくれたの」とつづっていた。

菅本は「今ではなーーーーんにもなく、1人でビジホ泊まったりできるし、気分も穏やかだし、自分にとっても、会社のみんなにとっても、ファンのみんなにとっても、本当に良かったと思ってる!」とも明かしていた。(KrowNews)

菅本裕子の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.