KrowNews



ヒカル経営の脱毛サロンに異常…6月営業日数が7日だけ 新田真剣佑や手越祐也は撤退

2022/06/29 03:41
エンタメ
ヒカル

YouTuberのヒカル(30)が経営する脱毛サロン「ReJehanne by Hikaru」のあべの天王寺店について、6月の営業日が7日間しかなく、23日間も店を閉めていたことを27日の『週刊女性PRIME』が報じた。

「他店の6月の休業日情報を見てみると、メンズ専用の池袋店、銀座店、名古屋駅前店、ナンバヒップス店、天神店はそれぞれ4日間、神戸三宮店は8日間」だったという。

一方で、公式サイトの求人情報にはこれから出店予定だとみられる静岡駅前店、新宿店、姫路駅店の店舗名が記載されており、経営はうまくいっている可能性もある。

ヒカルは2021年1月の動画では「このままのペースで行くと(1カ月の売り上げは)2億近くになる」と順調ぶりをアピールしていた。

ヒカル以外にも著名人が脱毛サロンを経営する例は多いが、俳優の新田真剣佑(25)や元NEWSの手越祐也(33)はいずれも経営から撤退している。

新田が経営していた脱毛サロンの「AmSALON」は5月末をもってサービスの提供を停止した。

運営会社は「事業統合に伴い、2022年5月末日を持って池袋店・天神店におけるサービスの提供を停止させていただく運びとなりました。ご愛顧いただいた皆様へ心より感謝申し上げますとともに、急な報告となり、ご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます」と報告。

「AmSALONにてご契約を頂いているお客様におかれましては、弊社よりメールや文書等でご案内を差し上げておりますが、ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせくださいませ」と伝えた。

手越が手がけていた脱毛サロン「TEGOSHI BEAUTY SALON」は5月末で全店閉店し、事業譲渡された。

同サロンは「突然ではございますが、TEGOSHI BEAUTY SALONは事業譲渡に伴い、2022年5月末日を持って全店を閉店させて頂く運びとなりました」と報告。

「ご契約中のお客様におきましては、ご契約内容の施術サービスを譲渡先企業のサロンにてこれまで通り受けて頂くことが可能です。店舗移管のご案内に関しましては、お客様に直接ご連絡をさせて頂きますので、何卒よろしくお願い致します」と伝えた。

手越の脱毛サロンは神楽坂店がひと月で3000万円も売り上げることもあったが、次第に経営が悪化。従業員はオープン時の半数が退職した。従業員が家族の新型コロナウイルス感染で自宅待機すると、22万円の給与が約8万円に減らされたとも『週刊文春』が報じていた。

入社後には人手不足を理由に何度も別会社のエストラボ社の美容サロンに回されることもあったという。エストラボ社はローランド(29)ら著名人にノウハウを提供している。

総合博打サロンの新宿租界のZ李氏は5月22日に自身のTwitterで「KG groupの菅野貴裕系のサロンはローランドの箱が上手く行ったからヒカル、手越祐也、新田真剣佑と看板分けして店舗拡大したんだろうけど雲行きが怪しい」と暴露。

「手越はブラック経営で全撤退、真剣佑はカネで揉め中。本体に近いローランドが一番生き残りそうだけど脱毛サロンも増えすぎてそんな簡単じゃないんだろうな」とつづっている。

Z李氏は他にも「ヒカル、ローランド、新田真剣佑、手越祐也の脱毛サロンはKG group菅野貴裕ってのが裏でやってるんだけど金で揉めてるらしい。真剣佑の契約金がどうとか聞いたな。ガーシー来るか?」と明かしていた。

元アパレル会社社長で、暴露系YouTuberのガーシーこと東谷義和氏(50)はこれに対し「いくでw」と反応した。菅野貴裕氏はローランドがかつて所属していたホストクラブのオーナーでもあり、他にも飲食店など手広く経営している。(KrowNews)

ヒカルの画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.