KrowNews



GACKT「死にかけて引退を覚悟」 スピンドルで得た17億は詐欺に遭い全部失った

2022/06/04 09:48
エンタメ
東谷義和氏

2021年9月8日に持病である神経系疾患と重度の発声障害のため、無期限活動休止を発表していた歌手のGACKT(48)が16日に活動再開を発表した。

24日の『女性自身』によると、GACKTは「正直、死にかけたときのことは覚えていない。あとで『丸一日意識がなかった』とスタッフに聞いたよ。病院には入っていない。医師に来てもらってた。ただ、目が覚めたときは『まだ生きてた…』とは思ったよ」と説明。

「うーん、このまま症状が悪化すると、もう表には立てないのかもなってことは思ってました。焦ってるというよりは、表舞台から身を引く時なのかなとも考えました。自分の引き際というか…」と語ったという。

GACKTをめぐっては、元アパレル会社社長で、暴露系YouTuberのガーシーこと東谷義和氏(50)が17日に「GACKTが芸能の仕事復活させるみたいなこと言ってたけど、裏情報によると、GACKTはスピンドルで得たお金を他の詐欺に遭って全部なくなったらしいで」と暴露。

「ほんまかどうか知らんけど。だから芸能の仕事復活するんじゃない?お金無くなってきてるんでしょ、多分。俺の周りの社長とかもめっちゃ連絡来ると言ってたもん。ちゃんと説明しないと、逃げてたら綾野剛と一緒だよ」と語った。

東谷氏はこれまでに「GACKTが評判悪いのは知ってます。僕はT.M.Revolutionの西川貴教さんから『GACKTとは付き合いすんな』って止められました」と説明。

「GACKTは前も言ったんだけど…僕の知り合いも騙されたりしたんで、いいイメージがないです。喧嘩は強いって噂」とも明かしている。

GACKTは仮想通貨のスピンドルの広告塔を務め、セミナーでは「代理店になったほうがいいと思います。仮想通貨の販売手数料は異常で25%入るんです」と勧誘。プロ野球選手、ミュージシャン仲間、投資家などから約100億円を集めたと報じられた。

GACKT自身はスピンドルを18年5月の世界5カ所で上場させた後に売り抜けて、約17億円の利益を得たともされている。(KrowNews)

GACKTの画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.