KrowNews



大谷翔平、なんと「7冠」判明!本塁打率や三塁打王に長打率や敬遠四球数など「1位」

スポーツ
51745908_479x636_20211214023200ed6.jpeg

エンゼルスの大谷翔平投手(27)は今季、打者として155試合に出場、打率2割5分7厘、46本塁打(リーグ3位)、100打点、26盗塁。投手としては、130イニングを投げ9勝2敗、防御率3.18、奪三振156という前人未到の二刀流を成功させた。

シーズン途中まで1位につけていた本塁打王争いでは、後半に失速しタイトル獲得はならなかったものの『読売新聞』によると大谷は「隠れた1位記録」で「7冠」だったという。

記事は「ホームラン率が11・7打数に1本でア・リーグトップ、三塁打は8本でメジャートップタイ、長打の確率のISOが3割3分5厘で堂々のメジャートップ、敬遠四球数が20でリーグ断トツなど…」と伝えている。(KrowNews)

大谷翔平の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.