大谷翔平、なんと「7冠」判明!本塁打率や三塁打王に長打率や敬遠四球数など「1位」

2021年10月10日
大谷翔平 0

エンゼルスの大谷翔平は今季、打者として155試合に出場、打率2割5分7厘、46本塁打(リーグ3位)、100打点、26盗塁。投手としては、130イニングを投げ9勝2敗、防御率3.18、奪三振156という前人未到の二刀流を成功させた。

シーズン途中まで1位につけていた本塁打王争いでは、後半に失速しタイトル獲得はならなかったものの『読売新聞』によると大谷は「隠れた1位記録」で「7冠」だったという。記事は「ホームラン率が11・7打数に1本でア・リーグトップ、三塁打は8本でメジャートップタイ、長打の確率のISOが3割3分5厘で堂々のメジャートップ、敬遠四球数が20でリーグ断トツなど…」と伝えている。(KrowNews)

大谷翔平の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

大谷翔平、年俸50億の5年総額274億円契約か…今季は9勝2敗、46本塁打の偉業

大谷翔平と狩野舞子「熱愛説」飛び交う 狩野は匂わせ連発…大谷「野球に集中したい」

大谷翔平、FAなら最低でも「320億円」契約へ!今季は9勝2敗、46本塁打の偉業

大谷翔平、エ軍退団希望?の「勝ちたい」発言の意味は…「ファンも球団も好きだが…」

大谷翔平がハンク・アーロン賞の最終候補に!今季は46本塁打100打点、投手で9勝



Comment(0)

There are no comments yet.