KrowNews



小島みゆ、経歴詐称していた…日本歴代2位の走り高跳び記録を主張 前山と沙也加さん

2022/03/02 07:33
エンタメ
小島みゆ

グラビアアイドルの小島みゆ(28)が過去に女子中学生で日本歴代2位の走り高跳び記録を保持していると経歴詐称をしていたことが分かった。

小島は2019年1月5日放送のABEMA『全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-』に出演した際に、番組内で「全日本脚力女王グラドルコンテスト」に、学生時代に出して市内1位に輝いたという走り高跳びの自己最高180cmの記録保持者としてエントリー。

しかしこの当時、小島の主張した180cmという記録は女子中学生の日本歴代2位に相当する好記録で、同競技でインターハイ出場経験のあるグラビアアイドルの椿原愛(29)は小島の記録が「嘘」だと断言。

MCを務めるお笑いコンビの麒麟の川島明(43)も疑いの眼差しを小島に向け、高跳びのエア実技を要求した。小島はマットに向かって走り、背面跳びのフォームを見せるもそのまま跳ぶことなく倒れて、呆れた川島は「20cmやんけ!」と叫んだ。観念した小島は「真っ赤なウソ」を認めた。

小島といえば、最近は12月18日に急逝した歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)と交際していた俳優の前山剛久(30)をめぐり騒動に。神田さんと交際する前の前山は、小島と交際していたが9月に破局。前山は10月から神田さんと交際を始めたが、10月以降も神田さんから隠れて、元カノの小島に連絡をしていた。

その時の前山と小島のやり取りのLINEのスクリーンショットはネット上に流出しており、内容は、前山「みゆ、お疲れ!神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた(泣)。テレビ台とかの組み立てどうなった?」→小島「結局どなったの?バカくそ重くて玄関から運べないw」→前山「なんとか別れたよ!(笑)。もうすぐ御茶ノ水に引っ越すから、手伝うよ」→

小島「すご(笑)。そうなんだ(笑)。いや多分友達がやってくれると思う~!」→前山「めっちゃ大変だった!(笑)。今度話聞いてもらっても良い?」→小島「おもしろそうだから聞く~!(笑)」→前山「やばいよ…(笑)(笑)。いつ時間あるー?」→小島「16とかかなあ」という通りだった。

小島は2月23日には「おつぴな。ここ最近の私です!」とつづり、胸元をざっくりと開けて谷間を見せているニット姿のショットを公開。リプライ欄は制限しているが、リツイートは可能になっているため、引用リツイートで「立ち回りが絶望的に下手すぎて草」

「お腹真っ黒ですね~」「日々深く反省して精神的に疲弊してる人がこんな自撮りしますかね」「この人反省してないでしょ」「胸見せれば男共が喜ぶって思ってそう。したたかな女だわ。前山剛久同様胸糞悪い」と批判が殺到している。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.