中国、最初のコロナ感染報告以前にPCR検査機器を大量購入 やはり隠蔽していたのか

2021年10月08日
中国 0

中国はやはり、新型コロナ発生を隠蔽していたのか。中国当局は感染報告から1年経過して、ようやくWHOの調査を受け入れた。以前からコロナ「武漢起源説」が取り沙汰されている。6日の『共同通信』は「オーストラリアと米国を拠点とするサイバーセキュリティー会社は5日までに、新型コロナウイルスの大規模感染が最初に報告された中国・武漢がある湖北省で、2019年5月からPCR検査機器の調達契約額が急増していたとの報告書を公表した」と伝えている。(KrowNews)

中国の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

日本政府が旭日旗批判に韓国語で反論! 「侵略や軍国主義象徴非難は的外れ」産経報道

韓国・文大統領、岸田首相に「日韓は基本的価値観を共有してる…共に努力していこう」

中国、最初のコロナ感染報告以前にPCR検査機器を大量購入 やはり隠蔽していたのか

小室圭さん母・佳代さん詐欺罪で刑事告発!遺族年金不正受給…眞子さま結婚迫る中衝撃

進次郎氏「レジ袋有料化」政策は見直しか 桜田元五輪相に「万引き助長」などの声届く



Comment(0)

There are no comments yet.