KrowNews



神田沙也加さん、村田充と離婚に至った背景 子供に対する考え方の相違に仕事面の格差

2022/02/28 01:05
エンタメ
神田沙也加

12月18日に急逝した歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)と交際していた俳優の前山剛久(30)が沙也加さんと交際中に、別れたはずの元カノの小島みゆ(28)に密かに連絡をしていたことで、沙也加さんと前山は大げんかになっていた。この騒動について、小島は1月27日にコメントを発表し、復縁する意思は一切なかったと釈明した。

沙也加さんは歌手で母親の松田聖子(59)との確執がささやかれてきた。かつて沙也加さんと12歳年上のギタリストの北野正人(47)との交際が発覚したとき、聖子は年齢差、バツイチ、職業と彼の全てが納得いかず「タレントやミュージシャンはとにかくダメ。収入だって学生アルバイト並みだし、何より不安定だから」と声を荒らげたことがあった。

母親の聖子との確執は結婚披露パーティーに聖子を呼ばず、聖子は聖子で祝福コメントを出さなかったことで表面化。沙也加さんは幼少期のトラウマからか、

ファザコンのように甘えさせてくれる年上の夫の村田充(44)と自分の城を構え、聖子からの完全独立をはかったが破局に終わってしまった。19年に村田と離婚した理由は子供に対する考え方の相違だったといい、神田さんは2019年12月に「わたしが身勝手に志を変えてしまったことが起因」とコメントしている。

21年12月19日の『NEWSポストセブン』は「2017年の結婚発表直後、村田さんは突然の休業宣言をします。『ヒモじゃないか』と揶揄する声もありました。でも、それは沙也加さんの希望だったようです。それでも仕事面の『夫婦格差』がネックになり、夫婦のすれ違いが顕著になってきたようです」と報じた。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.