KrowNews



飯田会長、ライバー社の株を売却し逃亡か 青汁王子の三崎優太氏に投資家から情報提供

2022/02/21 01:56
エンタメ
飯田祐基氏

ライバー社の飯田祐基会長が違法賭博を行なっていたことを認めた。YouTuberのコレコレ(32)は19日に自身のチャンネルの生配信で、録音していた飯田会長との電話の音声を公開。

この電話で飯田会長は「てんちむとか芸能人とかに誘われて麻雀に行っていた。それは間違いなく違法賭博だった。その中に東谷さんがいた。(東谷氏は)ブランドの社長をやってて、タレントを紹介してもらえるかなって…。

麻雀はしたくなかったの。メンツが足りないから、頼むからやってくれみたいな感じでめっちゃ電話きて、元々はてんちむから誘われた」と説明。

「『俺の方が実力は上だからやめておいた方がいい』とかわしていたけど、どうしてもやってほしいと、一生のお願いだと頭を下げられて、たまにやっていたんだよね。流石に勝ちすぎちゃって、怒り出して東谷さんが。で、返したのねお金。5回ぐらいやって1000万円ぐらい。1年半ぐらい前。

2020年の8月7日。その後にやべーやつって聞いて、東谷さんと関わり断っていたけど、ああいうのが出ちゃったって感じ。レートは覚えていないけど、1回200万かな。(経営者の)社長とかともしてたね。(他の配信者やYouTuberとは)賭けポーカーはしてた。チバニャンとか。後ジャニーズだね。てんちむ周りだね、てんちむもいた」と語った。

飯田会長がコレコレに対して「コレコレさん。めっちゃ大ごとになっててこの件。会社、株主で…ライバー潰れることはないんだけど、俺がやばくて。これ以上拡散されるようなことになると、賠償請求とかになりそうなのね。

できるだけ拡散して欲しくない。俺やばいと思う。UUUMとかとの投資間契約で違反なのね、違法賭博って。それで7億円」と懇願する様子も記録されていた。

そして飯田会長は、自身が取締役会長と務めるライバー社の株を起業家や投資家に売却しようとしていることが20日に分かった。これを明かしたのは青汁王子こと、実業家の三崎優太氏(32)だ。

三崎氏は20日深夜に自身のYouTubeチャンネルで生配信を行い、まず「僕ね、飯田さんがやろうとしていることを他の人から聞いてて、こういうメッセージがある投資家から来たんですよ。2月18日なんですけど、周りのIT起業家に株を買ってくれと、飯田くんから連絡が来てるとw」と説明。

「『今までのやりとりはガチなんですか?』っていうことを尋ねられて、今飯田さんがどういうことをやっているかっていうと、ライバー社の株を売ろうとしています。僕に『あのやりとりは本当なのか』っていうことが何人かの投資家の方から来てます。

なので(飯田会長)はライバーから逃げようとしてますね、簡単にいうと、フフフフww。株を売るのは自由だし、逃げるって表現が合ってるかわからないけど、少なくとも自分がこれだけのことをやったのに、コレコレさんにも迷惑をかけているわけじゃないですか」と指摘した。

三崎氏は続けて「株売ってトンズラするんだ?びっくりしましたね正直、インサイダーとかじゃないですよ、ライバーって上場してないから。飯田さんは今株を売ってライバーから離れようとしています。

これをどう評価するかは皆さん次第だし、飯田さんの自由なんですけど、少なくとも僕はこれだけ自分のせいでこんなことになったのに、自分だけリタイアしてドロップアウトするのはちょっと違うし、卑怯なんじゃないかな」と語った。(KrowNews)

てんちむの画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.