KrowNews



神田沙也加さん、雪下から靴履いてない状態で発見…遺体に外傷なく本当に穏やかな表情

2022/02/19 02:35
エンタメ
神田沙也加

12月18日に札幌市内のホテルから転落して急逝した歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)と交際していた俳優の前山剛久(30)が神田さんと交際中に、別れたはずの元カノの小島みゆ(28)に密かに連絡をしていたことで、神田さんと前山は大げんかになっていた。

この騒動について、小島は1月27日にコメントを発表し、復縁する意思は一切なかったと釈明した。神田さんの急死当日の札幌では55センチの降雪を観測され、24時間降雪量の過去最多を記録。神田さんが倒れていた屋外スペースには30センチほどの積雪があり、

神田さんの上にも雪が積もっており、部屋から下をのぞき込んでもその姿を確認できず、除雪作業をして確認したところ、雪に埋もれた状態で発見された。

発見当時について12月25日の『スポーツニッポン』は、沙也加さんの遺体は「降り積もる雪のおかげなのか外傷は見当たらず、本当に穏やかな表情でまるで眠っているようでした」と伝えた。12月19日の『文春オンライン』は「雪下から沙也加さんは靴を履いてない状態で発見されたそうです」とも報じた。

前山は神田さんの訃報を受けて、12月22日に「この度、神田沙也加さんのご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました。『王家の紋章』『マイ・フェア・レディ』にて同じ舞台に立たせていただき、

女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします」とコメント。

前山は「神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており…」と説明したにも関わらず、その後に神田さんに対して「死ね」発言を連発していたことが発覚した。自殺教唆ともとれる前山の発言について、弁護士の山岸純氏は1月8日の『BusinessJournal』で、

2013年に慶應義塾大学の学生が交際相手の女性に対しての自殺教唆罪で逮捕された事件に触れて「(この慶大生の事件は)より具体的に指摘して『自殺を決意させた』と評価できるので逮捕に至っていますが、今回の場合、沙也加さんに『自殺を決意させた』とまでは評価できないので、自殺教唆とはならないでしょう」との見解を示している。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.