KrowNews



急死の神田沙也加さん 後輩声優「右も左も分からぬ私たちを常に笑顔で率いてくれた」

2022/02/16 06:03
エンタメ
神田沙也加

12月18日に急逝した歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)と交際していた俳優の前山剛久(30)が神田さんと交際中に、別れたはずの元カノの小島みゆ(28)に密かに連絡をしていたことで、神田さんと前山は大げんかになっていた。この騒動について、小島は1月27日にコメントを発表し、復縁する意思は一切なかったと釈明した。

神田さん真面目な性格で堅実派だった。『東京スポーツ』は神田さんについて「気を使って派手な芸能人たちと付き合うよりも、一般人や1人で過ごすことの方が好きだった。実際、ラーメンや焼肉などに1人で行くことも平気で、部屋でのアニメ鑑賞やアニソンを聴いて過ごすことが安らぎと打ち明けたことも。

真面目な性格の上、堅実派で電車や徒歩で移動することも多かったという」と報道。『週刊文春』も「100円ショップが好きだったり、庶民的な面もある子でした。『カップ麺が好きなの』と話す時の沙也加は、どこにでもいる女の子」と伝えている。

仕事ぶりもプロそのものだった。2021年12月20日の『NEWSポストセブン』によると、神田さんの最後のアニメ出演となったのは2021年1月から放送のテレビアニメ『IDOLY PRIDE』で共演したある声優は「この作品は新人声優がほとんどで、沙也加さんは一回り以上歳が離れていて右も左も分からない私たちを常に笑顔で率いてくれました。

作品初の単独イベントがいきなり大ホールで、涙目になる子もでる中で、一人一人、目を見ながら声をかけて緊張をほぐしてくれました。沙也加さんは多忙で練習時間も満足に取れなかったはずですが、ソロでも完璧なパフォーマンスを披露していました」と明かしてた。

同作は神田さんの訃報を受けて12月19日にTwitterを更新し「長瀬麻奈を愛し、理解し、思ってくださり、ときにはご自身で新たなセリフを生み出すこともありました。収録やライブの現場では、一切の妥協を許さない演技力で共演者、スタッフを支え、勇気づけてくれた方でした。スタッフ一同、心より感謝と哀悼の意を表します」とつづっていた。

神田さんは恋人の前山が密かに元カノの小島に連絡をしていたことを知り大きなショックを受けた。前山が小島に連絡した時のLINEのスクリーンショットのネット上に流出しており、内容は、前山「みゆ、お疲れ!神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた(泣)。テレビ台とかの組み立てどうなった?」→

小島「結局どなったの?バカくそ重くて玄関から運べないw」→前山「なんとか別れたよ!(笑)。もうすぐ御茶ノ水に引っ越すから、手伝うよ」→小島「すご(笑)。そうなんだ(笑)。いや多分友達がやってくれると思う~!」→

前山「めっちゃ大変だった!(笑)。今度話聞いてもらっても良い?」→小島「おもしろそうだから聞く~!(笑)」→前山「やばいよ…(笑)(笑)。いつ時間あるー?」→小島「16とかかなあ」という通りだ。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.