KrowNews



神田沙也加さん急死から1カ月…松田聖子は少しずつ仕事再開「このままではいけない」

2022/01/30 01:09
エンタメ
神田沙也加

12月18日に歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)が急逝してから1カ月が経過した。沙也加さんの母親で歌手の松田聖子(59)は昨年末の『NHK紅白歌合戦』の出場に一時前向きだったが「悲しみの中にいる自分がその舞台に立つと、ほかの出演者に迷惑を掛ける」と辞退していた。

聖子は沙也加さんと無言の対面を果たした際、一睡もせず20時間以上も寄り添い続け、荼毘に付された際に再び大粒の涙であふれ、正輝の胸で泣く場面もあったほどのショックを受けていたと報じられているが、現在は必死に前を向こうとしている。

1月21日の『NEWSポストセブン』も「(聖子は)『このままではいけない』と、少しずつ打ち合わせなどを始めている」と伝えている。

沙也加さんは12月18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。また、沙也加さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用。関係者によると衝動的に服用してしまうこともあったという。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.