KrowNews



前山剛久と元カノ小島みゆのLINEなぜ流出?沙也加さんが信頼できる人に託してたが

2022/01/26 14:12
エンタメ
神田沙也加

12月18日に急逝した歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)の悩みの種になっていたのは、交際していた俳優の前山剛久(30)が別れたはずの元カノのアイドルのA子にこっそり連絡をしていたことだった。

そしてこのA子というのはグラビアアイドルの小島みゆ(28)だということがネット上で特定され、前山と小島のLINEのやり取りだとみられる画像が拡散されている。神田さんは前山と小島のやり取りを知って激怒し、前山も逆に罵倒してくる大喧嘩に発展していた。

小島は神田さん急死の翌日にInstagramに「心霊スポットで自撮りしたからなんか映ってたら教えて」という投稿をしており、これを神田さんの死を揶揄しているのではないかと勘繰った人からは誹謗中傷も寄せられている。

具体的には「これはさすがにひどい。私はこういう人間には絶対にならないようにしようと思いました」「沙也加さんの歌声返して」「亡くなった人たちに対する冒涜」「この日にこんな投稿をするのはありえません!」「最低。今からでも訂正してお詫びしてください」「あまり死者の事をバカにするような事をしない方がいいと思います」といった内容だ。

ただ、小島自身は前山とヨリを戻すつもりはなかったようで、今回の騒動に困惑している。小島のTwiitterは3日の「初詣は車折神社で名前書いてきた」という投稿を最後に更新されておらず、Instagramも1日を最後に更新されていない。また、小島のInstagramのコメント欄は現在、閉鎖されている。

22日の『NEWSポストセブン』も「沙也加は生前、前山さんとの会話の録音や、LINEなどを何人か信頼できる人に託していました」と報じているが、一体どこから流出したのだろうか。拡散されているLINEの画像の一部は黒塗りされており、塗りつぶされた部分は神田さんの指ではないかと推測する人もいる。

神田さんは12月18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

神田さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。また、神田さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用。関係者によると衝動的に服用してしまうこともあったという。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.