KrowNews



神田沙也加さん、継父と不仲「正直、辛いことしかなかった。一緒に過ごすのに抵抗…」

2022/01/23 14:09
エンタメ
神田沙也加

12月18日に急逝した歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)は両親が松田聖子(59)と神田正輝(71)だが、聖子と正輝は離婚。それでも聖子に引き取られた沙也加さんは、聖子の母親の祖母の元でのびのびと生活していたが、聖子が継父と「ビビビ婚」したことで状況は一変した。

沙也加さんは中学入学前に、聖子が米国に拠点を移すことが決まり、継父とともに渡米するかの選択を迫られた。沙也加さんは2015年に発売したスタイルブック『Dollygirl』でこの当時について「正直辛いことしかなかったです。結局4回転校を繰り返しました。

継父と一緒に行くことが当時の私にはすごく抵抗があったんですね。自分で色々考えた結果、寮に入ることを決心しました。でも、寮ではすさまじいいじめが待っていて。寮生活でのいじめって逃げ場がないんですね」と回想。

「英語も最初は全然分からないし、周りにもとけこめない。母親がコンサートツアーやディナーショーで家を空けることも多くなって、日が浅い継父と一緒に過ごすことも難しくて」とつづり、結局は聖子らと離れ、日本の中学に再編入したことを明かしている。

沙也加さんは12月18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。また、沙也加さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用。関係者によると衝動的に服用してしまうこともあったという。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.