KrowNews



「神田沙也加さんと誰か一緒にいてあげられなかったのか」前山剛久が自殺教唆や薬服用

2022/01/21 11:57
エンタメ
神田沙也加

12月18日に35歳の若さでこの世をさった歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)について18日正午から出演予定だった札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」の来場客が心境を語った。

40代女性は「悲しいとしか言えない。誰か一緒にいてあげられなかったのかとか、連絡してあげられなかったのかとか、考えてしまいました。お父さまや、お母さまの聖子さんのことも心配」。千歳市から訪れた女子高校生は、劇場到着後に中止を知り「楽しみにしていたのに。歌が上手で華やか人。札幌でこんなことになるとは」とコメント。

他にも「亡くなったと知り飛び出してきた。ホテルに行ったら献花台がなく劇場ならと来たが、なくて困っていた。木曜日に東京で聖子ちゃんのディナーショーを見て、今度は沙也加ちゃんを見られると楽しみにしてたのに。ショックです」と話す人もいた。

神田さんは12月18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

神田さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。神田さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用していた。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.