KrowNews



朝倉未来、RIZINの試合後に「うつ病になりました…虚無感すごくて」と衝撃の告白

スポーツ
20220115190717052.jpeg

総合格闘家でユーチューバーの朝倉未来(29)が昨年大みそかに行われた格闘技大会「RIZIN.33」の試合後にうつ病になっていたことを明かした。朝倉は14日に自身のYouTubeチャンネルを更新し「試合後とんでもない事が起きていた」というタイトルの動画を投稿。

動画の中で「(RIZINで)無事勝つことができて、試合後はホッとしました。で、ここからが問題なんですが、試合後2、3日たって、病院に行ってないんでわからないんですけど、恐らく僕はうつ病になりました」と説明。

「軽いうつ病なんですけど、何をするにもやる気が起きなくて、虚無感がすごくて…。燃え尽き症候群か分からないけど、何もやる気が起きなかった。原因はたぶんすごいプレッシャーだったこと、急に重圧から解放されたことでうつ病になったんじゃないか」と語った。

朝倉は続けて「1日寝たら治ると思ったけど、治らなかった。次の目標が大事だなと気づきまして、目標を立てました。そしたらだんだんよくなり始めて、挑戦を続けないといけない性質なんだなと気づきました。本当、刺激中毒なんだろうなと」と発言。

今後については「今年、30歳になる。自分の中で大きな年にしたい。今年で格闘技を引退する可能性もあるし、もし格闘技を引退したらYouTubeも辞める可能性もある。そこで急にやるべきものを失った時、大みそか後みたいなことになりかねないなと思って、今の生活にとって格闘技とYouTubeは必要不可欠なんだなと知りました。それを失っても後悔しないように今年は頑張ろうかなと思いました」と意気込みを語った。

朝倉は昨年大みそか、前年11月に敗れたRIZINフェザー級前王者・斎藤裕(34)と対戦し、判定3―0での勝利していた。(KrowNews)

朝倉未来の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.