KrowNews



ジョコビッチ選手、入国書類に不備…旅行歴なしと虚偽申告 移民相「強制送還もある」

スポーツ
20220112082657408.jpg

男子テニスのノバク・ジョコビッチ選手(34)について、オーストラリアの裁判所は10日に同国入国を認める判断を示し、政府に対して入国を拒否して査証(ビザ)を取り消した決定は「不合理」だとした。

しかし、ジョコビッチ選手はビザ(査証)申請書類の「オーストラリア到着前の2週間に旅行をしたかどうか」を尋ねる質問に「いいえ」と回答。ジョコビッチ選手は12月25日にベオグラードでセルビアのハンドボール選手ペータル・ジョルジッチ(31)と一緒にいる場面が写真に撮影され、ジョルジッチのInstagramに投稿された。

年末年始にはスペインに渡航したという動かぬ証拠もある。今月2日、マルベーリャの別荘に滞在中に同市のクラブのプエンテ・ロマノで練習しているところが地元紙ディアリオ・スルに撮影されたほか、先月31日には同市内で練習している動画がソトテニス・アカデミーによってツイッターTwitterに投稿された。ジョコビッチ選手はその後、今月5日にメルボルンに到着した。

アレックス・ホーク移民相は、自身の権限による強制送還もあり得るとの見解を示しており、ジョコビッチ選手が入国書類で虚偽の申告をしていたことが判明すれば、強制送還の理由になる。ビザ申請書には「虚偽または誤解を招くような情報を提供することは重大な違反行為である」と明記されており、発覚すればオーストラリアへの入国が3年間禁じられる可能性がある。(KrowNews)

ジョコビッチの画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.