KrowNews



道端アンジェリカが語る美人局疑惑「酔っ払って男友達と肩を組んでたら元夫が怒り…」

エンタメ
20220105122639dad.jpg

11月11日に離婚成立を報告したモデルの道端アンジェリカ(36)が2019年10月に元夫が知人男性から35万円を脅し取った恐喝容疑で逮捕され、自身も書類送検された「美人局疑惑」の真相を語った。

道端は4日の『文春オンライン』のインタビューで「そもそもは、被害を訴えた男性を含む友達数人と私で飲んでいたんです。そこに元夫も合流して、そこで私、すごく酔っ払ってしまったんです。男友達と肩を組んで歌ったり、踊ったりしていたら、元夫が怒り始めて…」と説明。

その後も喧嘩をしているうちに「浮気してたのか」と問われ、否定しても信じてもらえず、翌朝に相手の男性を2人で訪れたが、そこでお金を要求したことは一切なかったという。また、道端は「私は元夫から一切喋るなと言われていたので、それをただただ聞いていることしか出来ませんでした」と話した。

35万円という金額については「相手の男性はよく(元夫が経営していた)お店にも来ていた人で、そのときの飲み代をお店にツケていました。それで話し合いの後日、元夫が相手の男性に『もう友達じゃないから、店にツケている代金を払ってほしい』というメールを送ったそうです。その合計額が35万円でした」と明かした。

この話し合いの席の会話は、元夫が録音しており、結局これがその場ではお金を要求していないという証拠になって、道端も元夫も不起訴になったという。(KrowNews)

道端アンジェリカの画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.