KrowNews



宮本亞門氏、沙也加さんは「これが最後の命綱と…」心療内科の通院や衝動的な薬服用も

2022/01/05 10:02
エンタメ
神田沙也加

演出家の宮本亞門氏(63)が12月20日にフジテレビ系『めざまし8』に出演。12月18日に35歳という若さでこの世を去った歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)についてコメントした。

宮本氏が演出を務めた2004年のミュージカル「INTO THE WOODS」で、神田さんはオーディションを経て赤ずきん役を勝ち取った。宮本氏はこの時のオーディションについて「ピアノだけある部屋に入ってきて歌ったらまぁ…。すっごい食いつくような頑張りと、目がギロっとして、もうこれが最後の最後の命綱みたいな感じだった…」と振り返った。

神田さんは12月18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

神田さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。また、神田さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用。関係者によると衝動的に服用してしまうこともあったという。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.