KrowNews



村田充、神田沙也加さん愛犬引き取りを報告 急死の裏に心療内科通院や衝動的な薬服用

エンタメ
20220104211745a64.jpg

俳優の村田充(44)が18日に35歳で亡くなった元妻で歌手の神田沙也加さん(享年35)の愛犬を引き取ったことを報告した。

神田さんは村田と同居していた2017年4月に千秋楽を迎えた主演ミュージカル「キューティ・ブロンド」で共演していたロングコートチワワのブルーザー君を村田の後押しで公演後に飼うことになったとされている。

神田さんの急死を受けてファンからは「愛犬はどうなるのか」と心配する声が多く寄せられており、村田は12月23日に自身のTwitterで「安心してください。大切に育てます。その準備をしていますよ」と自身が引きとる意向を明かしていた。

村田は12月31日には自身のInstagramにすやすやと眠るチワワの写真を投稿。フォロワーからは「ブル~安心しました。ありがとうございます」「ありがとう…言葉になりません…」「言葉がみつからないけど、たくさんの思いを込めて、ありがとう」「たくさん抱っこしてもらえるね、良かったね、安心だね」「みつさんとぶるちゃんがこれからもずっとずっと幸せでいられますようにとお祈りしています」「絶望のどん底の中、1枚の写真で少しだけ気持ちが暖かくなりました。ありがとうございます」「穏やかな表情で安心しています」と反響が寄せられている。

村田はその後も神田さんやブル君の名前は一切出していないが、防寒着を着せたチワワの写真とともに「健康診断にも連れていこうと思う」とつづったり、3日深夜には「トイレを覚えてください。トイレを…」と記している。

神田さんは12月18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

神田さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。また、神田さんは心療内科に通院しており、処方薬を服用。関係者によると衝動的に服用してしまうこともあったという。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.