KrowNews



おぎやはぎ矢作兼、正輝と聖子の会見「見ていてつらい」 沙也加さんは前山剛久に悩み

エンタメ
20220102123921d1b.jpeg

お笑いコンビのおぎやはぎの矢作兼(50)がが22日にフジテレビ系『バイキングMORE』に出演。女優の神田沙也加さん(享年35)が18日に急逝したことを受け、21日の密葬後に母親の松田聖子(59)と父親の神田正輝(71)が札幌市内の斎場で、報道陣の囲み取材に応じたことについてコメントした。

会見では、沙也加さんの遺骨を抱きながら正輝が「大変申し訳ありません。本当にありがとうございます。本当に身内の近親者のみで、お別れ…納骨というか、お骨にすることができました。みなさんご協力ありがとうございます。今、2人とも話すようなことではないので、しばらくの間、そっとしておいていただけたらと思います」と涙を浮かべてコメント。

聖子も沙也加さんの位牌を抱き「本当にみなさん、お寒いなか、申し訳ございませんでした。ありがとうございます」と、悲痛な表情で言葉少なに語った。

矢作はこれを見て「こんなつらいのに、2人とも『申し訳ありませんでした』って謝っているのは一番つらいですね、見ていて。悲しい出来事としか言いようがない」と話した。

沙也加さんは18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。

沙也加さんは交際していた俳優の前山剛久(30)とは元カノとの関係をめぐって大喧嘩。12月に入ってからは沙也加さんは「彼に酷い目に遭わされた」と漏らしていた。所属事務所と交際していた前山には遺書を残しており、前山に宛てられた遺書には「2人で仲良く、子供を産んで育てたかったです。ただ心から愛してるよ」とつづられていたという。また、札幌に向かう際には日頃から服用していた薬を忘れ、それが彼女の動揺に拍車をかけたと報じられている。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.