KrowNews



シバターがRIZIN久保優太戦での八百長を完全否定「身に覚えがない…捏造では?」

スポーツ
202201020336513c8.jpeg

2021年12月31日の「RIZIN.33」でYouTuberで総合格闘家のシバター(36)に敗れた元K-1王者の久保優太(34)が意味深長な発言を連発し、シバターと久保が八百長を示し合わせるやり取りをしているLINEが関係者とみられる人物によって公開され騒動になっていることについて、シバター本人が口を開いた。

シバターは1日に自身のYouTubeチャンネルを更新し「RIZIN大晦日大会での疑惑について」というタイトルの動画を投稿。「ぼくの試合の件で、ちょっと巷に疑惑が浮上しておりますので、当人の口から説明しないと騒動が収まらないと思い、動画を撮っております」と語り始めた。

流出しているLINEのスクリーンショットについて「1ラウンド目と2ラウンド目の間のインターバル中に、てんちむちゃんがラウンドガールとして出るから、2ラウンド目までは行きたい。だから1ラウンド目は本気でやらずに軽く流して、2ラウンド目からお互い本気でやりましょ。だから1ラウンド目で僕を仕留めに行かないでくださいというお願いをして、久保選手がOKしたという内容だったように思う」と説明。

続けて「人なんではっきり言いますね。私、シバターは昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません。これは全く身に覚えがありません。あれ捏造なんじゃないですか」と完全否定した。

「ただ、もしあれが本物だったらとしたら。シバターから久保さんに送られていたのだとしたらね。久保さんって元K―1のチャンピオンでしょ?プロ格闘家でしょ?絶対に飲んじゃダメでしょ。飲んだふりしても、1ラウンドでマジで仕留めにいかなきゃダメでしょ。もし仮にそういうのがあったとしても、そこは勝たなきゃダメでしょ。負けたら何も言うパワーはねぇよ。勝ったやつが正しいんだから、この世界って僕は思いますけどね」と語った。

シバターは試合の前日までに涙を流しながら棄権を示唆する動画を公開し、試合当日も序盤はリングを逃げ回り、両膝をついて両手で相手に手加減を懇願するポーズも見せるなど、おふざけモード全開だった。しかし、一瞬の隙を突いて右フックを入れてぐらつかせ、最後は得意の飛びつきの腕ひしぎ十字固めを決めてタップを奪い、一本勝ち。

わずか94秒での決着に、久保はショックのあまりか試合直後に自身のTwitterに「負けました。これからちょっと格闘家としての進退を考えようと思います」と投稿していた。

ところが一夜明けた1日には、久保はトーンを変えて「嘘をつく人生は嫌だな。正直者が馬鹿を見るのか。騙されるより騙される方がいいのか。自分は真面目に誠実に紳士に生きたい。色々疲れた。事の経緯とかも全部きちんと話したい」と憤りをつづっていた。(KrowNews)

シバターの画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.