KrowNews



神田沙也加さん、聖子と正輝の胸のピンクの骨箱と位牌が涙誘う…もう戻ってこない現実

エンタメ
2021122721060064e.png

18日に札幌市内のホテルから転落して急死した神田沙也加さん(享年35)の葬儀が21日に札幌市内で執り行われ後に、母親で歌手の松田聖子(59)と元夫で俳優の神田正輝(71)が会見を行った。

正輝はピンク色の骨箱を、聖子は同じくピンク色で縁取られた位牌を胸に抱え、報道陣に一礼。聖子は深く頭を下げ、しばらく顔をあげられなかった。正輝はその後「大変申し訳ありません。本当にありがとうございます。本当に身内の近親者のみで、お別れ…納骨というか、お骨にすることができました。みなさんご協力ありがとうございます。今、2人とも話すようなことではないので、しばらくの間、そっとしておいていただけたらと思います」と、涙を堪えながら話した。

聖子も「本当にみなさん、お寒いなか、申し訳ございませんでした。ありがとうございます」と頭を下げ、言葉少なに語った。

この会見を見た人からは「位牌と骨壷を見たら、本当なんだって思って涙が止まらないです。可愛らしい位牌とピンクは、聖子ちゃんが選んだんだろうな。沙也加ちゃん、パパとママが揃って迎えにきてくれてよかったね。どうか、安らかに…」

「ピンクの骨壷の中に沙也加ちゃんがいるなんて、信じられなさすぎて泣けてきた。本当は会見なんてつらいだろうに」「かわいらしいピンクの骨袋を見た途端、沙也加さんの愛らしい姿や歌声を思い出して涙が出た」

「ご骨壷や御位牌も沙也加さんらしいピンクだった。親よりも先になんて考えられない程辛い 涙止まらない。そっとしてあげてほしい」「沙也加ちゃんお骨になってしまったんだね。ピンクの可愛らしい覆袋が余計泣ける」とコメントが寄せられている。

沙也加さんは18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

【関連記事】

前山剛久、神田沙也加さんに「死ねよ。めんどくせぇな」と罵倒…心療内科通院や薬服用

神田沙也加さん、前山剛久に「酷い目に遭わされた」前山が元カノアイドルと…遺書発見

前山剛久、神田沙也加さんとの交際中に会おうと誘っていた「元カノ」は小島みゆだった

神田沙也加さん、急死直前に父の正輝以外にも友人数人に最後の電話…俳優と交際で悩み

神田沙也加さん、遺体に外傷はなし…雪のおかげか穏やかな表情でまるで眠っているよう



Comment(0)

There are no comments yet.