KrowNews



宮根誠司、正輝と聖子の会見「もうキツくてしょうがなかった…」神田沙也加さん急逝で

2021/12/27 14:01
エンタメ
神田沙也加

フリーアナウンサーの宮根誠司(58)が18日に愛娘の神田沙也加さん(享年35)を亡くした母親で歌手の松田聖子(59)と父親で俳優の神田正輝(71)を思いやった。宮根は22日に日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』に出演。

21日に執り行われた沙也加さんの葬儀後に、2人が会見をしたVTR映像を見た宮根は、聖子について「僕は大変良くしていただいて。コンサートとかディナーショーに呼んでいただいて。ごあいさつした時にネクタイとかいただいたり、とても優しくしていただいて」と明かした。

正輝についても「とっても良くしていただいて。一番の印象というのは、神田さんが大阪で生放送終わって東京に帰られる時に僕、一緒の飛行機だったんですよ。ごあいさつしたら、ゴルフの雑誌読んでいらっしゃって。

僕が『スイングに悩んでるんですよね』と言ったら、伊丹空港から羽田空港まで身ぶり手ぶりでスイングを教えて下さるんですよ。疲れてるのに。優しい方だなあって」と漏らした。

宮根は続けて「その優しい2人が昨日、並ばれた時は僕はもうキツくて、しようがなかったですけどね。改めて神田沙也加さんのお悔やみを申し上げます。我々は聖子さん、正輝さんを微力ながら応援して、また夢と愛を与えて下さい」と締めた。

沙也加さんは18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。

沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.