KrowNews



松田聖子、一睡もせず神田沙也加さんに寄り添う「穏やかな表情でまるで眠ってるよう」

2021/12/25 08:47
エンタメ
松田聖子

歌手の松田聖子(59)が18日に急逝した娘で歌手の神田沙也加さん(享年35)に、20日の通夜後から次の日の葬儀・告別式の準備に取りかかるまで、一睡もせず20時間以上も沙也加さんに寄り添い続けていたことがわかった。25日の『スポーツニッポン』が報じた。

聖子は20日昼すぎに札幌入りし、沙也加さんと無言の対面。同紙によると「沙也加さんは、降り積もる雪のおかげなのか外傷は見当たらず、本当に穏やかな表情でまるで眠っているようでした」といい、

20日の通夜後も聖子は1人、ホテルに帰らず、次の日の葬儀・告別式の準備に取りかかるまでの20時間以上、一睡もしないまま沙也加さんのそばから離れようとしなかった」という。

沙也加さんは18日正午から札幌文化芸術劇場hitaruで上演された「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず、午後0時55分ごろに宿泊先ホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。

近隣の病院に緊急搬送されたが、そのまま亡くなった。死因は外傷性ショックで、事件性はないとみられる。沙也加さんが泊まっていた部屋の窓に関しては『デイリー新潮』のみが「コロナの影響で全開可能だった」と伝えているが、他のメディアは「15センチしか開かない」としている。(KrowNews)

神田沙也加の画像・ニュースをもっと見る

Comment(0)

There are no comments yet.